男の人

トラブルにならないために|相続権を正しく知ろう

遺産を受け継ぐには

男女

相続とは親が所持していた財産を子供や孫が受け継ぐことをいい、遺産相続で揉めて兄弟や親戚中が悪くなったといった話が東京にも多くあります。そういったトラブルを起こさないためにも遺言を残しておくのがいいのですが、無い場合は相続する権利がある人や割合が法律で決まっています。亡くなった方の最も身近な奥さんや長男が相続人にあたる場合が多く、遺産を受け継ぐ権利と管理を徹底しなければいけません。そのための手続きをする必要もあります。相続できるものは金銭以外にもさまざまな種類があります。故人が住んでいた家や使用していた畑などの土地や建物も受け継ぐことができます。小切手や株も対象になります。宝石や骨董品といったものも相続人が受け取ることができ、使い道は自由に選択することができます。しかし遺産が全てプラスになるものとは限りません。借金や納付していない所得税などのマイナスな遺産も受け継がなくてはなりません。そういった時は相続放棄もできますが、差額の金銭を受け取ることができなくなってしまうので注意した方がいいでしょう。相続手続きを行なうには被相続人が死亡が確認されたら一週間以内に死亡届を市役所などに届け出ます。3ヶ月以内に相続を承認するか放棄するかを決め、親族同士で話し合いをして遺産の取り分を決めます。不動産や口座の名義を自分の名義に移さなければなりません。所得税と相続税の申告をすれば手続きが完了したことになります。話し合いだけで解決しないなら東京の弁護士に相談してみるといいでしょう。

払い過ぎた利息を取り戻す

沢山の紙幣

過払い金は払い過ぎた利息のことをいい、以前は暗黙の了解といってもいいほど静岡でも多くの利息を請求する業者がいました。しかしいまでは法律で守られるようになったので払い過ぎた場合は専門機関に相談しましょう。

詳しくはこちら

税金の申告漏れを防ごう

笑う女性

岐阜で飲食店を開業するなら専門知識がある税理士に依頼するといいでしょう。税金は複雑で勉強するにも時間がかかるので、専門業者に頼んで正しく理解し申告をするようにしましょう。

詳しくはこちら

サポート内容とマッチング

笑顔の男性

港区で企業する際、資金の管理がとても重要になります。自社で行なうよりも、税理士に依頼することでより正確に、且つ、的確な指摘やアドバイスをもらうことができるので、優良な事務所を探すことが大切といえます。

詳しくはこちら